メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球放送
Bisbol
踏切の近くにある野球場です。空き地さえあればサッカーをするのが普通なんですけど、ここは、バックネットがあって野球をするには格がひとつ上のようです。外野にはタイヤを積んだ、ホームランフェンスも有ります。何よりもそのン辺の空き地と違うのは早めに集まったプレーヤーがユニフォームを着ていることです。、ところが笑っちゃうのは暇つぶしにキャッチボールじゃなくバックネットに向かってサッカーボールを蹴ってるんです。早めに集まったプレーヤーが ま、野球はサッカーに比べるとマイナーなスポーツで、テレビで流れることはめったにありません。で、その放送なんですけど、アナウンサーやコメンテーター達がやたらに興奮してしゃべりうるさいんです。テレビなんだから、打ったの取ったのは見てればわかるのに、いちいち大声で叫ぶんです。空振りすると、アバニカ(センスで扇ぐ)とか、三振するとポンチャ(パンク)したとか、三球三振でもしようなら「おはよう、こんちは、おやすみ!」と冷やかし、ホームランでも出ようものなら、「ア・ロ・フォンドー、ラララララ~ー、ディガレケ、ノー、ア・エサ・ペロタ!、訳しますと、オー、でかいぞ、行っちゃうぞうー、行っちゃ駄目だってそのボールに言え。 ま、スポーツって言うと日本じゃプレーを行儀良く見るものって雰囲気がありますけど、みんなで楽しむものっって違いがあるように思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。