メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭、やわらかい
 一瞬、何がどうなってるのか、おわかりいただけたでしょうか? そうです車の後席に自転車が積んであるんです.。 トラックの荷台に、人と自転車を積んで走ってるのはよく見ますし、トランクから片輪はみ出してフードをワイヤーで縛ってるのもたまに見かけます。 でも、ここまでストレートに自転車を車に積んでるのは初めて見ました。 これだと気軽にホイホイと積み降ろしできるんでしょうね。 以前、もっと傑作なのを見たことが有ります。 フォルクスワーゲンのカブトムシは今でも沢山走ってるんですけど、リヤエンジンのこの車は燃料タンクが車の前部にあって、その上に小さなものが積めるようになってんですけど、そこへ自転車を積んで走ってるのが居たんです。 当然、自転車の車輪はそれぞれ車の左右にはみ出してましたけど、フードは、ほんの少し浮いてる程度に閉まっていて、まるで、ガマガエルがカマキリをくわえてるようでした。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。