メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーカス
 我が家から一番近い部落にサーカスがやって来ました。  実は毎年復活祭が終わったあと、フェリア・デ・サンマルコスってこの町で唯一の全国的なお祭りがあるんですが、そっちには公営のカジノがあったり、有名タレントのコンサートがあったりで、大変な人出になるんです。 この時期になると、もうフェリアには行ったかってのが挨拶になるんですけど、人出の嫌いな私は、初めてこの街に来た頃、二三度行ったきりです。 サーカスもショッピングモールの脇に大きなテントが張られます。 こっちは普段部落の若者たちの野球やサッカー場です。 数年前、一度来たんですけど、勿論期待はしてませんでしたが、空中ブランコのほかは普段まちなかの交差点で見かけるお手玉や松明回しぐらいで感心するほどのパフォーマンスはなく、笑ってしまったんですが、動物は犬とヤギとロバが舞台の周りをグルグル回るだけなんです。 未だにわからないのは、まちなかに行けばちゃんとしたサーカスがあるのに、同じ時期に部落でもやるってことです。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。