メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちこっち

我が家には羊が5頭居るんですが、昨日の朝早く、ちょっと感動的なことが有りました。 ってのは子羊が1頭生まれたんです。 それ自体は大したことないんですが、仲間が知らせに来たんです。 日中は敷地の中を移動して歩いて夜は自分たちで小屋の中で寝ます。 今の時期、青い草が無くなってますから、朝、飼料をやるんですが、陽が少し高くなった頃、家の前に来てメーメーって催促します。 ところが昨日はいつもより早めで、鳴き方もしつこいんで外へ出てみました。 すると、餌場とは反対の方へ揃って歩き出し、まるで、こっちこっちて言うように時々後ろを振り返るんです。 で、家の反対側に行くと、小屋の脇で母羊が生まれたばかりの子を介護していました。 まだ立ち上がれなくってぐったりしてるのを仲間たちは気遣わしげに見守ってます。 命が誕生するってことに、特別な感情を持つのはヒトも動物もないんだなって、少し感動させられました。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。