メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物袋
  寒いです。 昨日の明け方は3度Cでした。 11月の末には氷の張った日が連続3日ありました。 で、これが私のひなたぼっこセットです。 10時前後になると気温は20度Cぐらいまで上がりますから、うつらうつらするのにはもってこいです。 ただ、ハエが顔に止まってうるさいんで、この買い物袋をかぶるんです。  この青いのと、カラフルなのはメッシュで出来ていて、メキシコでは広く使われてます。 日本でも私が子供の頃は買い物カゴと言って麦わらのようなもので編んだのが使われてました。 それが時代が進んでビニールになったわけですけど、メキシコでも最近はスーパーはもとより、そのへんの雑貨屋でも、薄いビニール袋をくれるようになり、こんな買い物カゴはよほどなりふり構わない人じゃなきゃ使わなくなりました。 でも、意地っ張りな我が家は環境を汚染するからって、まだスーパーへも持って行ってます。 そして余録として日向での快眠を楽しんでるってわけです。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。