メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラクタ
  「市」の続きです。 こういう市で扱われるのは衣・食が大半で実利を求めてくるお客さんの大半はこれが目的ですけど、あったら目っけもん的なのが「住」関係です。 こんなもの買う人がいるのかって言うものがあって楽しませてくれます。 そういう私もここに来ようかと思ったのはテレビのリモコンなんです。 恥ずかしながら我が家のテレビは箱型の旧式なんですけど、画面が荒れたりとかはなく、まだ十分楽しめるんですけど、電源スイッチが押し方が良くないと ついても消えてしまうとか、消したのにまた点いてしまうとかって具合が悪く、リモコンならそういうことはないんですけど、これも落として壊れたのをビニールテープで修理してあって、気合を入れないとうまくいかないという代物で具合がよくありません。 まぁ、こんなとこで売ってるものにろくなものはあるまいとは思ったんですけど、まぁ、冷やかしでやって来ました。 プリンターの変圧器とかが、なぜか、子供の靴と並べてあるところに、携帯電話と一緒に山盛りになってます。 眺めてると、オヤジが、メーカーは何処だって言うんで、ソニーっていうと、3つ4つ選んで、どれもちゃんと使えるよっていいます。 そう言わなきゃ買う人なんか居ないから、へっへって笑って、値段を聞くと30ペソだっていいます。 へぇ~、家の近くの修理屋、どんな電気製品でも、直っても直らなくっても頂きますってのと同額なんで、ヘンに感心してしまいました。 でも、高い安いじゃなくって騙されるのが嫌で買いませんでした。 買わないで正解でした。 他のお店で新品で同じ値段で売ってました。  ふと隣の店を見て驚きました(下の写真)、電動工具や揚水ポンプなんかと一緒に車のラジェーターが置いてあるんです。  それもかなりの年季物のようです。 まさか、あ、俺の車にあうのがここにあるなんてことはないでしょうから、解体屋が自分の店の商品に加えるんじゃないでしょうか。 可能性さえあれば、どんなに時間がかかってもお金にしたいって商魂に改めて感心させられました。 
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。