メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女カボチャ
  ちょっと時期はずれですみません。 スーパーの野菜売り場においてありました。 魔女のカボチャと言って、ハロウィーンの料理用です。 永いことメキシコにいて言うのは恥ずかしいんですけど初めてみました。 下の写真のデッカイのはよく見るんですけど、この玉葱より少し大きいぐらいの大きさで、石のように硬いのは初めてで、陶器の置物かと思いました。 近くに居た若い店員に訊いたら食べられるけど、料理の仕方は知らないってことでした。 ナマのままでは包丁の刃が立ちそうにありませんから、まずは煮るか茹でるかするんでしょう。 想像ですけど、こういう種類とかで作ろうと思って出来るもんじゃないような気がします。 トウモロコシで、病変した黒いのをウィトラコチェと言って珍重するのと同じたぐいじゃないかと思います。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。