メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーケストラ
 随分久しぶりに遠くの山並みがきれいに見えました。 これからこういう日が増えてやがて冬になります。 今日は朝からぐったりしてます。 普段ハーフしか回らないゴルフを日曜日は仲間とのつきあいで18ホールつきあうんで月曜日はいつもそうなんですけど、今週はおまけに金曜日も独立記念日だからって頑張ってしまったんです。 で、なにもする気力が無くテレビの前で半死の状態です。 ウィークデー、特に午前中のテレビなんて、日本と同じ、いやそれ以上に、通俗番組ばっかりなんですけど、国立自治大学のチャンネルは音楽番組を流してます。 でも、殆どがクラシックやオペラです。 音楽に造詣は全くないんですけど、聞き流してればいいんでよく見ます。 外国で収録されたものが多いんですけど、今日はメキシコのオーケストラです。 メキシコのクラシックの演奏を見るといつも不思議な気分になります。 ってのは、この演奏してる人達、普段はどこにいるんだろうって思うからです。 町中ではこんな人たちを殆ど見かけないからです。 日本だったら、電車の中や町中で見かける人たちが楽器を手にオーケストラで演奏しても違和感はないでしょうけど、こちらの町中にはそう言う雰囲気の人が殆ど居ないんです。 マリアッチなんか民族音楽でもバイオリンやトランペットを使うのにどうしてなんでしょう。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

67年既にFMのRadio Universidaが有り愛聴してました 日本の番組とはまた異なった番組編成で中々凝っていて知らなかった曲を楽しむことが出来ました

1951年デビュー前のマリカラスと円熟期のマリオ デル モナコが来墨して何日か公演したのですがその海賊版を入手しました

ベリアスアルテスのオーケストラでしたが普段こんな大曲をやっていないので面白いでした
パーカッションは正にメキシコのリズムでアステカやヤキ族の鹿の踊り
トランペットは普段バイトをやっているのかマリアッチそのもの
オーケストラの部分だけ聞いても大変に楽しめます

円盤録音の時代に良くぞ採り保存して有ったと感心するばかりです
【2011/09/19 18:31】 URL | 墨爺 #BvcCegWc [ 編集]

週末はクラシックもオツなもの
先の訪問でケレタロのソカロの一角にある劇場に連れてって貰いました。
オペラハウス見たいのっていうのか3階まで席がせり出してるやつ、コンパクトながら趣がありました。プログラムには毎週末入れ替わり立ち代りで、名の知れた方がお出でのようでした。
やっぱ、そこそこ着飾った方の社交場でしょうかね。
日本だったら目が飛び出るほど高くて行けたもんじゃないです。
アグアスカリエンテスにもあるでしょうに?
【2011/09/20 07:11】 URL | おおむら #- [ 編集]

すみません
墨爺さん
済みません、私にはお話に相づちを打つだけの素養がありません。
ベジャスアルテスは、初めて行ったのが民族舞踊をバレー化したものだったんですけど、来墨そうそうだった所為もあって、違和感が強く、豚に真珠で舞台や客席の立派さばかりに気をとられてました。
【2011/09/20 12:32】 URL | カイマン #- [ 編集]

社交界
おおむらさん
アグアスカリエンテスは田舎町が政治的に州都になったところで、昔から社交界があったような町じゃない所為か、そう言う劇場は近年になって建てられたモダンなものしかないんです。
【2011/09/20 12:41】 URL | カイマン #- [ 編集]

バレーフォルクロリコ
大好きで来客の都度案内して何回行ったやらその後も行く度に見て来ました
ここのダンサーだったAmalia Hernandez(1917-2000)が1959年以降長年総監督を務めて来ました

10年前にブダペストを訪れた際に当時のメキシコ大使が彼女の息子で鉄道が大好きでり深夜まで話しが盛り上がりました
【2011/09/20 19:32】 URL | 墨爺 #BvcCegWc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。