メキシコ移民の独り言
 メキシコの田舎には、日本で姿を消した昔懐かしい生活と自然があります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイム
またハカランダで済みません。 散った花びらの絨毯が綺麗だったもんで、もう一日お付き合い下さい。
 昨日の日曜日からサマータイムです。 メキシコに長く居ても慣れないものはいくつも有りますけど、サマータイムもその一つです。 日本でも小学生の頃ありましたけど、確か1年か2年でやめになってしまいました。 メキシコに来た時、仕事が早く終わったって、芝刈りの出来る庭付きに住んでるひとなんていないし、居れば、おつきの庭師がいる人達だから意味ないね。 って、どうしてメキシコでやるんだろうって、今でも理解できません。 赴任して初めて定時(7ma)に出社した時、まだ薄暗いのに、黙々と通勤バスから社員の群れが降りてくるのに圧倒されたのを覚えてます。 
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。


スポンサーサイト
異常気象
 いえいえ、何も言うことはありません。 一月半もブログをほおり出しておいて、言い訳もなにもあったもんじゃありませんよね。 そういいながら、これから心を入れ替えて、、、なんてもいえないんですよね。 6年ぶりに日本に行ってきました。 居る間中、台風情報に悩まされました。 さすがは日本のメディア、海水温が例年になく高くってとか、解説に余念がありませんでした。 メキシコに帰ってきてみると、なんと、出かける前によく降ってた雨が、その後も降り続いてたそうで、もう11月になろうかというのに雨季が明ける気配がありません。 でも、乾燥地帯のこのあたりじゃ、雨は降れば降るほどいいって、眉間にしわを寄せるような人は居ないみたいです。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。


 スーパーの野菜コーナーなんですけど、思わず笑ってしまいました。 カボチャなんですけど、隣のりんごが小さいせいもありますけど、このデカサといい硬さといい野菜コーナーに置く代物じゃないですよね。 たぶん、これって食べるためじゃなくって10月に入ってハローウィーン(メキシコでは死者の日)の供え物にするんじゃないでしょうか。 
 右の写真は家の裏の草むらに咲いたコスモスです。 日本では花がいっせいに咲き出すのは春なんですけど、このあたりは雨季の終わりかけた今頃なんですね。 草も生えてなかった荒地に花が一斉に咲き出すんですけど、春先暖かさで咲き出す花にはほのぼのしたものを感じますけど、このあたりの花は雨のおかげで生き延びたって必死さを感じます。
 6年ぶりに日本に行ってきます。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。


生涯に一度
 何度かご紹介してますけど、テキーラの原料になるリュウゼツランの花です。 花のない時は根本のトゲのある肉厚の葉だけなんです。 ところがですね、この花ってのが毎年季節になると咲くってんじゃなくって、ある年突然ツクシのお化けみたいなのがニョキニョキと伸びて2,3メートルも高いところに花を咲かせるんです。 でも、これでめでたしめでたしじゃないんです。 ってのは、これでこの株は生涯を閉じるんです。 ま、我が身を振り返ってみれば、生涯に一度だって花を咲かせたかってのが本音ですけどね。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



個性
 またまた、またまたで済みません。 ウチワサボテンの花です。 しかし、サボテンってのは、こういうのがサボテンの花だってのが説明しにくいんですよね。 ってのは、桜とか梅とか桃の花って言えばどんな姿してて、どんな色してるかって説明できますよね。 それがサボテンはそれぞれ好き勝手な格好してるんです。 そして勝手なところにつぼみが付くのは良いんですけど、咲く花の色が木によって違うってんじゃなくて、同じウチワに赤、黄色、オレンジとかなり違う色のが咲くんです。 右の写真は先月ご紹介しましたけど、ぼんやりしててそのことをお話ししませんでした。 こういう植物って他にあるんでしょうかね。 で、思い出すのは、初めてメキシコに来たとき、私の職場で管理職をしていて切れ者の男の弟が、現場で職工をしてて、へぇー家族とは言っても日本とは違うもんだなって思いました。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



国民・国旗
 先日ご紹介したハカランダ(ジャカランダ)の花びらが散って紫のカーペットになってます。 落ちた花にも蜜があるらしく蜂やら、アブやらが地面で羽音を立ててます。 私は耳が悪く聴くことは出来ませんけど。 このころになると陽射しは一年で一番強く、朝十時ぐらいになると日陰を求めるようになります。 日陰の黒さがひときわ涼しげに見えます。
 私はメキシコに住んでるわけですけど、テレビを垂れ流しで見るときにはアメリカの衛星放送も結構よく流し見します。 米墨で共通してるとこ、全然違うところ両方有るわけですけど、先日のボストン爆弾事件で犯人が捕まったときの人々の反応で日本とは全然違うなって思ったことがあります。 犯人が捕まって良かった、警察はよくやったって思うのは日本でも同じだと思うんですけど、国旗が打ち振られたり、「ユー・エス・エー」が連呼されるんですね。 メキシコで同じ事件が起きたら同じ反応になるかどうかは分りませんけど、私は同じになると思います。 国旗の図案と言い、国歌の音程と言い、とても難しいのに小さな子供までよく知ってて、何かにつけて見聞きします。 あの大地震の災難の時ですら、自衛隊をはじめ関係者はよく場頑張ったとかって、提灯行列があるわけでもなく、いやならクチパクしてりゃいいんだって日本はほんとにどういう国なんでしょうか。 私は別に年とったから右傾化したとかってんじゃなく、クラブで日本人から目線を避けられたくないだけなんですけどね。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



学士様
 ウチワサボテンの花です。 先日ご紹介した蕾が咲いたらまた撮りに来ましょうってお約束したサボテンです。 樹の姿と言い、蕾の形と言い、その辺の荒れ地にある粗野なのとは違うなという予測通り、可憐なのが咲いてました。 同じ葉から違う色の花が咲いてるのは意外でした。 ところで先日お話ししたように、このサボテンのあるお屋敷はあたりの民家と違って、街道に面した入り口から木立の間を通った雑木林の中にあるらしく、外からはうかがい知れません。 街道の反対側に店を構えた電気屋に誰が住んでるのって訊いてみたら、リセンシアードだって答えです。 そう言われても、どんな人物か、私には予測が付きません。 ってのは、辞書では「学士」ってなってますけど、そもそも、そんな称号は日本では私の父の時代までは有ったようですが、殆どの人が大学を出るような時代になって、わざわざ学士だなんて言っても、何それって時代になってしまってますからね。 でも、メキシコでは高校へ行くだけでも大変なことで、学士って言うだけでそれ以上は法律家だろうが経営者だろうが、みんなエライ人ってことになる見たいです。 さぁそうなると、自称って人が沢山出てくるのは予想通りで、リセンシアードって呼ぶのは相手を持ち上げるための呼び方であって、あんた、本当にそうかい?ってからかいのニュアンスもあったりするんで、私のような外国人は軽々に使わない方が良いように思います。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



語感
 ちゃんとした名前かどうか知りませんけどコロリンと呼ばれてる花です。 ハカランダ(ジャカランダ)同様葉が出るより先に花が咲きます。 もっと暑い地方の樹だとかで、この辺りでは殆ど見かけません。 そんな花を話題にするのはその名前が面白いからです。 とは言っても、それも私が日本人だからかもしれません。 メキシコの人はどう感じてるのか分りませんけど、スペイン語には、チュパール(吸う)、チャパリート(背の低い男)、カチョロ(動物の子供)等々、日本人には滑稽に響く言葉が沢山あります。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



ソンブレロ
 この辺りは今、乾季の真っ最中でして、普段の年なら、灌漑用水がこぼれ出るところぐらいにしか草花は咲かないんですけど、正月三が日丸三日雨が降ってくれたおかげで、我家の荒れ地にも青い草が芽を吹き出しました。 羊たちも、例年ならもう枯れ草しか食べられないのに、思いがけなく青い草が食べられて嬉しそうです。 おまけにこんな小さな花まで咲いてます。
 右の写真は砂糖工場の値下げ反対のストライキです。 砂糖はメキシコでは政府が価格を管理しているんです。 砂糖が安くなるとまたメタボが増えるんじゃないかって、私なんかはそっちの方が心配ですけど、生産者としちゃ「絶対反対」なんでしょうね。 赤鉢巻きならぬソンブレロってのがいかにもメキシコらしいです。 ソンブレロにはいろんな種類がありりますけどこのタイプはまだ広く使われてます。 野球帽のほうが多いかもしれませんけど、ちょっと気取ったり改まったりするときはこの手のソンブレロが多くなるように思います。 これ、実は車に乗ると実に邪魔なんですけど、だから脱ぐってのはマッチョじゃないようです。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。



無知・ウン十年
 お分かり頂けますか? 抜け落ちた白髪のようなもの。 もう少し奇麗に言えば極細のもやしのようなものがシュッシュと。 その先に薄茶色のものが付いてますけど、これ、芝の花なんです。 知ってるよそんなもん、っておっしゃる方もいらっしゃるでしょうね。 そうなんですよ、お恥ずかしい、今日初めて知ったんですよ。 芝の上で遊ぶようになってかれこれ半世紀は経とうというのに、今日、素振りをする度にクラブヘッドに白髪のようなものがくっつくんで、しげしげと見てたら、キャディーが教えてくれたんです。 無関心ってのはしようのないもんで、芝だって植物だから花が咲いて地面に種が落ちなきゃ生えてこないのに、そう思ってみてないと見えないんですね。
面白かったでしょうか?マァマァ以上だったらこのボタンをクリックしてランキングアップにご協力下さい。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。